自己分析に役立つ無料診断ツール8選

Career

こんにちは、KANA( @kpagtscrrr )です。



就活を始めるにあたって必要な自己分析。

私は就活に関わらず、行きていく上で自分自身を知るってことは大事だと思っています。そのため、私は「主観的に見る私」だけでなく、様々な質問に答えて客観的に自分の特性を導き出す自己分析ツールをよく利用します。

そこで今回は無料で使え、自己分析に役立つサービスを8つ紹介していきます。

iroots

就活生の皆さんならよく知っているかもしれない「iroots」。

エン・ジャパンが運営している就活サイトですが、この中の「3eテスト」が自己分析にあたってとても役に立ちます。

この診断テストは10分ほどかかりますが、質問事項が多いだけあってとても詳しい診断結果を知ることができます。

診断項目

このテストを受けて知ることができる結果は以下の通りです。

総合特徴

診断に基づいた、総合的な自身の特徴を知ることができる。

職務適性

サービス系が向いているのか、新規事業立ち上げ系が向いているのかなどの適性結果を知ることができる。

キャリアタイプ指向性

キャリアを築く上で経営幹部なのか社会奉仕を重視するのかなのかか私生活重視なのかなどの仕事に対する価値観を測ることができる。

性格特性

主体性に富んでるのか、外向性に富んでいるのかなどの性格・気質を知ることができる。

創造的思考性

何かを創造する際に、発想性と論理性、どちらを重視するタイプなのかを知ることができる。

コミュニケーション力

人間関係を築く力を知ることができる。

エネルギー量

活動を支えるパワーを知ることができる。(例:行動性、競争性など)。

ストレス耐性

人付き合いや評価など、各種のストレスに対しどれくらい耐性があるかを知ることができる。

エムグラム診断

このツールも聞いたことがある人は多いのでは。

この診断では性格成分44種類の中から105の質問結果に基いて、性格で強く出ている8要素を知ることができます。

メールアドレスを登録して診断するんですが、診断後には結果で出た8要素が一つづつ詳しい解説とともに送られてきます。

どんな要素があるの?

たとえば私の診断結果で出てきた要素をいくつか紹介すると、「非ミーハー」「主張が強め」などがあります。

結構当てはまるんで一度診断してみてください。

16Personalities

この自己分析ツールはあまり知られていないかもしれませんが、非常に詳細に自己分析をすることができるルーツ。

質問は全部で60項目。

診断結果は「意識」「エネルギー」「気質」「戦術」「アイデンティティ」これら5つの側面から診断され、その診断結果を基に16のタイプのうちから一つ当てはまるものを知ることができます。

16のタイプとは

分析家

外交官

番人

探検家

これら16のタイプから自分に当てはまるものを非常に精密な解説とともに知ることができます。

ちなみに私は幹部タイプでした。

エニアグラム

次に紹介するツールはエニアグラム。

この診断は質問項目が全部で90。結果を基に、9つのタイプから自分の性格タイプを知ることができます。

9つのタイプ

ここで診断される9つのタイプは以下の通りです。

  1. 完全主義者
  2. 献身家
  3. 達成者
  4. 芸術家
  5. 研究者
  6. 堅実家
  7. 楽天家
  8. 統率者
  9. 調停者

ただ、これは20歳以下の時の自分がどうたったかを基に質問に答えないといけないため、20際以上の人は少し難しいかもしれません。

ですが、興味のある人は診断してみてください。

超性格分析

次に紹介するのは、メンタリストDaiGoさんが監修している自己分析ツールです。

これはスマートフォンアプリで、デザインが非常に見やすいです。

また、この診断はルイスゴールドバーグという心理学者が作り上げた「ビッグファイブ」をもとにした性格診断なため、とても信頼性があると言えるでしょう。

この診断アプリでは、

  1. メンタル
  2. 協調性
  3. 勤勉性
  4. チャレンジ力
  5. 社交性

の五つの項目についてそれぞれどのような性格を持っているのかを知ることができます。

例えば私の場合、メンタルの項目においては「アメとムチを自在に使いこなす相談役タイプ」、勤勉性の項目においては「コツコツ大好き努力家タイプ」などというように、項目ごとにどのような性格を持っているのかということを詳細に知ることができます。

また、この診断ツールはマッチングアプリの「with」と連携しているため、結果をもとにした恋愛における性格も知ることができます。

私はwithを使ったことがないのでどのようにマッチングされるのかはわかりませんが、自分の基本的な性質と恋愛における性質を一度に知ることができるこのツール、一度試してみてください。

また、このアプリは毎日診断結果をもとにした「今日の一言アドバイス」を受け取ることができます。

グッドポイント診断

六つ目に紹介するのがグッドポイント診断。

この診断ツールはリクナビが提供している自己分析ツールで、聞いたことがあるっていう人も多いのでは。

この診断では18種類の強みから、質問に答えることで自分に当てはまる5つの強みを導き出してくれます。

18種類の性格

リクナビNEXTホームページより引用

診断結果は8568通りあるため、自分にしかない五つの強みを掛け合わせてるとまた新たな発見があるかもしれませんね。

AnalyzeU+

次に紹介するのは逆求人就活アプリの「Offer Box」が提供している診断ツール。

この診断ツールには以下のような特徴があります。

・25項目の診断結果で自分を分析できる
・社会に出た時の活かせる強みが分かる
・診断結果のアドバイスから自己PR文を作成できる

また、累計100万人が受けた適性診断テストをもとに作成されているので非常に正確だと言えるでしょう。

 

キャリクエ

最後に紹介するのは、キャリタス就活が提供している「キャリクエ」という診断ツール

これは写真を見ての通りゲームみたいな感じで自己分析を行うツールになっています。

また、過去に自分とよく似た診断結果が出ている人はどのような業界で働いているのかということまでわかります。

しかし質問自体が少なく、信頼していいものかどうかと少々疑ってしまいます。

でもゲーム感覚で気軽にできるので面白いです。この診断ツールは大学1・2年生向けと言えるでしょう。

是非一度やってみてください。

 

まとめ

色々な診断ツールを使ってみると共通する項目が出てくると思います。なので、診断結果をみて納得して終わりではなく、それらを分析してみるのも面白いですよね。

また、今、この記事を見ているあなたが大学1・2年生の場合、自己分析なんてまだいいやと思わずに受けてみてください。

このツールを使うことで今の自分に欠けているものが見えてきます。(私の場合、持続性・意思伝達力・決断力・その他諸々)。それを大学生のうちに克服できたら最強ですよね。

人間として成長するためにも現状を知って穴を埋めていく作業は早くからやって損はありません。

結果を信じるか信じないかはあなた次第ですが、ぜひ一度診断してみては。

それでは

KANA




ブログの最新情報はTwitterで更新中