大学生はサークルに入るべきか否か

College

こんにちは、KANAです。

大学生の醍醐味として「サークル活動」をあげる人は多いのではないでしょうか。

大学入りたての1年生には、サークルに入るべきか迷う大学生も多いはず。

そこでこの記事では大学生活3年目に突入した筆者が、結局のところ「サークルは入るべきなのかどうか」について個人的な意見を述べたいと思います。

結論から言うと…

サークルに入るべきかどうか、結局のところ 「人による」 です。

なんだよ〜はっきりした答えがないのかよ〜って思われるかもしれませんね。

ただ、筆者の個人的意見としては「サークルに入らなくても困ることはない」と言えます。

私は大学に入ってからサークルには入りませんでしたが、困ったこともないし、後悔したことも正直ありません。

ではここから、サークルに入ったことのない筆者からの視点で、サークルに入るメリットと入らないメリットをいくつか挙げていきたいと思います。

サークルに入るメリット

友達が増える

サークルの醍醐味がこれという人も多いのでは。

あくまで実感ベースですが、大学に入学したてでサークルに入りたいと思う人は大抵友達作りを目的としている人が多いと思います。

大学入学してすぐは友達作りに必死の人も少なくはないかと。

そういった面では、同じ悩みを持った人たちが集まるサークルですから友達が作りやすくなると思います。

大学3年生になって周りを見てみると、大学の授業をサークルの友達と受けていたり、放課後にサークル仲間でご飯に行ったりしている人が多く見受けられます。

その点、私は大学内にめちゃくちゃ仲の良い友達は非常に少ないですね(困ってはいませんが)。

これはサークルに入るメリットの一つと言えると思います。

また、特に運動系のサークルの場合、練習試合なんかを通して他大学の学生と仲良くなる機会も多くなるかもしれませんね。

習慣化することができる

サークルにもよりますが、サークルの活動頻度というのは少なくて隔週に1回、多くて週2回と言ったところでしょうか。

つまり、サークルというの活動曜日や頻度が決まっており音楽系や運動系のサークルであれば、習慣的に練習をすることになります。

何かを上達させる際には、必ず練習を習慣化する必要があります。そう言った意味でサークルに入ると「習慣化」することに耐性がつくのではないでしょうか。

またこれもサークルによると思うので、入る前に実態を知る必要がありますが。

サークルに入らないメリット

無駄な時間が減る

サークルに入る目的によりますが、もともと「友達作り」で入ったのならば、拘束時間が長く定期的に行われるミーティングやただ駄弁るだけのサークル活動時間が後々時間の無駄に感じるでしょう。

また、無駄な飲み会やイベントにも参加する必要がなくなりますよね。

その点、サークルに入っていなければ自分の使いたいように時間が使うことが可能でありサークルのメンバーに拘束されることもありません。

ただ、この十分ある時間の使い方が悪い方向にはしるか良い方向にはしるかは自分次第ですが。

友達付き合いを選択できる

私の場合、サークルに入らなかった分インターンに行ったり国際交流イベントに参加したりしたので、学外のイベントや活動を通して友達を増やす機会がありました。

私には、インターンを通してできた友達や留学生の人たち、日本に旅行に来ている外国人の人たちと話していると非常に良い刺激になり、やる気を鼓舞されることが多いと感じました。

だからと言って学校の友達がそうじゃないというわけではありませんが、サークルに入らない分、他で補うわけです。

そして私の場合、そうすることで良い友達や縁にめぐり合うことができたと言う話です。

また、学外で友達が多くなるということは、合わなければ疎遠になり気が合えば連絡をまめにとるようになるという意味で「友達付き合いを選択できる」としました。

自分の好きなことにお金を使うことができる

サークルって、会費がかかるところもあったりまた一番お金がかかるのではないかと感じるのは定期的にあるであろう「飲み会」です。

大学生の大人数の飲み会って大体が「食べ飲み放題」なんですよね。

会費は年間500円とか大したことはないかと思うのですが、飲み会ひは一回3000円ほどかか理ますし、合宿だったり遠征だったりすると「交通費+宿泊費」がかかり大学生にとっては結構な出費になります。

もちろん自分が好きでやっているサークルで本気でやっている場合意味があると思いますが、目的意識もなくただサークルのみんなも行くから自分も行かないとと思って行っている場合お金の無駄でしかないと思ってしまいます。

そのお金で他にオンラインで講座を受けるだとか、本当にやりたい習い事とかをできるのではないかなと思います。

年間でサークルにかける出費を換算するとその分で例えばプログラミングスクールに通えるだとか英会話のスクールに通えるだとか、より身になるものにお金を回すことができるのではないでしょうか。

最後に

このブログを読むとサークルをすごく否定しているように見えますが、そうではなく、サークルをするにもしないにも「目的」をもつことが必要だという話です。

と偉そうに言っている筆者ももっと日頃の目的意識を持って時間を有効に使わないとと感じております。

常には難しいですが。

あくまでも一個人の意見なので真に受けず、自分はサークルに入るべきか否か。を見極めたり、また、一度は行ってみてやっぱりやめようもありだと思いますので、多少の参考になれば幸いです。

それでは

KANA