フィンランドの年末年始

Finland

こんにちは、Kanaです。

日本では年末に大掃除をし、

大晦日に年越し蕎麦を食べ、

お正月に初詣に行くのが一般的です。

お正月は家族や親戚と過ごす人が多いのではないでしょうか。

現在留学中のフィンランドを含むキリスト教信者の多い国では年末年始は友達と過ごすことが多いそうです。

クリスマスを家族や親戚と祝い、新年はパーティーに行ってカウントダウンをしたり友達と集まって新年を迎えることが一般的だそう。

私も2019年→2020年の年越しは友達とヘルシンキのOodiという図書館の前の広場で行われるカウントダウンイベントに参加してきました。

昨年まではヘルシンキ大聖堂前の元老院広場で行われていたみたいですが、今年のOodi図書館のオープンに伴いこちらに移ったんだとか。

今年のイベントは夕方から子供向けのパフォーマンスから始まり、

22時からはDJとフィンランドで有名な歌手3組がパフォーマンスを行なっていました。

これはまだ22時30分頃の写真で人もまばらですが、

0時近くには後ろにある国会議事堂の階段にまで人がたくさん集まっていました。

 

0:00になるのと同時に花火が5分間打ち上げられました。

日本では一般的な花火もフィンランドでは禁止されており、31-1日だけ解禁されるそうです。

一方で朝方まで騒ぐ人もおり花火の騒音が問題視されているという記事も見ましたが。。

 

今までは家族と家で静かに年越しをし、

人生で一度も友達と年越しをしたことがありませんでしたが、かなり楽しかったです。

それでは

Kana