キャッシュレス生活、実際どうなの?

Finland

こんにちは、KANAです。

ヨーロッパ、特に北欧は進んだキャッシュレス社会であるということは
広く知られているのではないでしょうか。
(SuicaやPayPayなどの電子マネーではなく、クレジットカードが主流。)

 

そして、現金を使わない日はないという生活を日本で送ってきた私は、現在フィンランドに留学に来ています。(なんならオンラインショッピング以外でほぼクレジットカードを使ったことがない)

そんな私がキャッシュレス生活を送る中で感じることを書いていこうと思います。

3つの利点

会計がスピーディー

上述した通り、支払いは基本的にクレジットカード。

コンビニであろうが、スーパーであろうが、カフェであろうが、学食であろうが、お金を払う場面ではクレジットガードを利用します。

そのため、レジで現金を出してお釣りをもらうという動作がないので効率が良い。

非常に速いし、すごく楽です。

レジで列ができていたとしてもあっという間に自分の番。ありがたい。

大きい財布を持たなくて良い

日本では常に財布を持ち歩いていましたが、フィンランドに来てからはカードケースのみを持ち歩いています。

一応紙幣もいくらか持ち歩いていますが、使うことがほぼないし折りたたんで入れておけば良いからカードケースに収まります。

小さいカバンで出かける時とか便利です。

セキュリティー面で安全

クレジットカードって、盗まれたときのことを考えると持ち歩くの怖いイメージがあるかもしれませんが、現金を持ち歩く方がリスクが高いとおもいます。

現金は盗まれて使われたら終わりですが、クレカならカード会社に電話して利用停止してもらえば大丈夫。

確かに盗まれたことに気づかず過ごしていたら高額請求れる可能性もあるし、再発行が面倒臭いですが。

最後に

日本の電子マネーは本当に便利だし、私も日本にいるときはよくSuicaを利用していました。

でも対応していない店もまだ多く、不便な時も。

クレカだと使い過ぎてしまいそうという声も聞きますが、ちゃんと毎日家計簿をつけていれば問題ありません。

フィンランドに来る際はクレジットカードをお忘れなく!!(VisaかMaster)