【新大学生必見】一人暮らしアパートの選び方

College

こんにちは、Kanaです。

2月に入り大学受験も最終章に入りましたね。

大学に入ってから一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は一人暮らし歴2年の私が思う、アパート選びのコツを紹介します。

考慮すべき点

地理的観点

アパートの場所は非常に大事です。

確かに大学から近ければ学期中の平日は非常に便利です。

ですが、必ずしも大学から近ければ良いというわけではないです。

というのも、 交通機関(バス・電車)の駅から近いかどうか も考慮する上で大変重要になってきます。

大学入学初期は確かに勉強を頑張るから大学に近いところに住んで勉強に集中したいという強い意欲を持っている人が多いかもしれませんが、インターンを始めたりアルバイトを始めたりすると交通機関、特に電車へのアクセスが良いかどうかも非常に大切になってきます。

そういう場所になればなるほど、家賃は高めにはなってしまうというデメリットもありますが。

もしくは、電車の駅が遠くても近くにバス停がある場所で問題ないのであれば、たくさんの路線が走っているバス停の近くのアパートを選んだ方が良いです。

バス停といっても、止まるバスの路線が非常に少ないバス停もあれば交差点に位置していてたくさんの路線が止まるバス停もあります。

その場合は絶対に後者を選びましょう。

ちなみに私は大学からも電車の駅からも徒歩30分ほどかかる場所にあるアパートを選んでしまい非常に後悔しました。

まとめ

✔︎ 電車の駅もしくはバス停へのアクセスは良い方がいい

✔︎ 近くにバス停しかないのであればそのバス停はたくさんの路線が止まるかどうか

✔︎ 駅の近くの場合家賃は少々高くなってしまうが便利

お店へのアクセス

次に考慮するべき点は、 スーパーやドラッグストア へのアクセスが良いかどうかです。

私は交通機関へのアクセスは非常に不便ですが、一方でスーパーも薬局もコンビニも近くにあるためその点は非常に便利です。

特に一人暮らしだと食費を抑えるため、自炊が増えると思います。

それに伴い、スーパへ行くことが多くなります。その時には近くにスーパーがあると非常に便利です。

また、薬局が近くにあると便利だなと感じるのは、ティッシュの箱やトイレットペーパーを買う時です。

トイレットペーパーを持ちながら歩くのってちょっと恥ずかしいんですよね笑

その点、薬局が近くにあると便利です。

今では日用品もオンラインで購入する人も増えているみたいですが、薬局はやっぱり安いし必要だと思った時に自分で買いに行った方が早いですしね。

あと、コンビニが近いかどうかも一人暮らしの場合重要になる人もいますね。

光熱費の支払いを口座から引き落としにしている人は良いのですが、コンビニで支払う人は近い方が楽ですよね。

まぁ光熱費の支払いは月に一回なので必ずしもコンビニが近くにある必要はありませんが。

まとめ

✔︎ スーパー、薬局が徒歩圏内にある方が良い

✔︎ コンビニ支払いをすることが多いのであれば近くにコンビニがあると良い

間取り

次は物件自体に関してです。

まず、間取りに関して私が避けた方が良いと思うのは、ワンルームです。

ちなみにワンルームとはキッチンと居間の区切りがない形のこと。

私は 1Kを強くお勧めします。 

一人暮らしだと自炊をする人が多いと思います。

その時に時間がかからなくて楽な炒め物を作ったりスープを作ったりすることが多くなると思うのですが、特に油を使った料理を作ると部屋が一気に臭くなるし、スープや味噌汁も作ったら一回で何食か分を作ることになるため、少々放置することになると思います。

そうなったらワンルームだと部屋中に匂いが充満してしまいますよね。特に天気が悪く部屋干しをしないといけない場合とか、洗濯物に全部匂いが移ってしまいます。

これは避けたいですよね。

また、水回りの掃除をちゃんとしなかったり生ゴミの処理を怠ってしまいがちの人はワンルームは避けた方がいいです。

まとめ

✔︎ 間取りは1Kの方がいい

✔︎ ワンルームの場合、排水溝の掃除・生ゴミの処理は怠らないように

 

まとめ

今回はこれから一人暮らしを始める大学生の方に向けて、アパート選びで考慮するべき点をまとめてみました。

しかし、これら全ての条件が揃うアパートはなかなか見つからないと思います。

どこかは妥協しなければならないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

それでは。

KANA