フィンランド在留許可申請方法

Finland

こんにちは、KANAです。

先日の投稿でもご報告させていただいた通り、私はこの夏よりフィンランド へ1年間の交換留学へ行ってきます。

その中で特に大変でややこしい在留許可の申請方法を今回まとめてみました。

これから留学に行くかたとうのご参考になれば。

申請手順

① eServiceに登録

オンライン申請のため、まずはEnter Finlandという移民局のオンラインサービスに登録。

② 必要事項を記入していく

登録後、要求される情報を記入していくのですが、残高証明のところがややこしいかと。

必要なものの「残高証明書」欄に詳細を書いているのでチェックしてみてください。

③ 必要書類を添付する

  • 残高証明書
  • 入学許可書
  • 海外保険証明書
  • パスポート

をスキャンしPDF化して添付してください。

入学許可書がメール等オンラインで送られてきた人はそのままPDF化したデータを添付すれば大丈夫です。

私はコンビニや大学にあるスキャンの機械を使用せず、iScannerというスマホのアプリでスキャンしましたがちゃんと申請が通りました。

④ 最後にオンラインで入力した画面をダウンロードし、印刷

⑤ フィンランド 大使館に訪問日の希望メールを送る

在留許可をもらうためにはオンライン申請で完了ではありません。

国にもよりますが、フィンランドの場合、直接東京にある大使館へ行って指紋採取等をしなければいけません。

なのでオンライン申請終了後、フィンランド大使館にメールを送り、行く日にちを予約しなければなりません。

また、大使館は大抵が平日の午前中しか空いてないので、私は学校を1日休んで行きました。

⑥ 大使館を訪問

予約した日時に大使館へ行きます。

必要な書類を提出し、指紋採取をして終了。面談もあると聞いていたので緊張していましたが、優しい大使の方で、特に面談もなくおしゃべりをしながら10分くらいで終了しました。

⑦ 在留カード取得

あとは申請許可がおり、在留カードが届くのを待つのみ。

私は1週間くらいで許可がおりました。

必要なもの

申請をする上で添付する必要がある書類、また大使館へ行く際に持って聞く必要のある書類があります。

添付するのに必要な書類

パスポート

まだ持っていない人は発行。

持っている人は有効期限のチェック。

残高証明書

この書類が一番ややこしいのではないかと。

奨学金をもらうことが決まっている人は大学の国際課等に問い合わせて証明書を発行してもらい、それを添付してください。

奨学金をもらえるかどうかがまだ確実ではない人、またはもらう予定がない人は自分名義の口座に「560ユーロ x 滞在月」分の資金がある証明をしなければなりません。

そのため、親から仕送りをしてもらう予定の人は一度資金を移動してから郵便局等で証明書を発行してもらう必要があります。

私も親にお願いして、ゆうちょ銀行の口座に一度お金を振り込んでもらい、郵便局で証明書を発行してもらいました。

この残高証明書は英語表記でなければいけません。ちなみに単位はドルで大丈夫でした。

海外保険証明書

交換留学の場合、大抵が大学から強制的に入らされると思うのでその会社に証明書を発行してもらってください。

入学許可書

大使館に持っていく必要のある書類

パスポート

顔写真1枚

在留カードに使われる写真。

1枚あれば大丈夫。

残高証明書の原本

海外保険証明書の原本

入学許可書の原本、またはオンラインで届いた許可書のコピー

申請費用

申請時にオンラインで支払い済みの人は必要ありません。

郵送費500円

許可がおりたら在留カードを

  • 直接窓口まで取りに行く
  • レターパックで郵送してもらう

のどちらかを選択することができます。

近かくに住んでいて取りに行ける人はいいのですが、遠くに住んでいる人は500円を払って郵送してもらう必要があります。

まとめ

以上がオンラインで行う在留許可申請の詳細です。

今後留学等に行かれる方の参考になれば幸いです。

もっと詳しいことを知りたいという人がいましたらSNSを通して連絡を取ってもらえらばと。

 

それでは

KANA