留学生が日本で感じる違和感・不快感

College

こんにちは、 Kanaです!

 

私は京都の大学に通っていますが、これまでにたくさんの留学生と出会って来ました。

他の文化に慣れるには時間がかかりますよね。そしてその慣れる過程で、違和感に感じることや不快感を覚えること、また不思議に思うこともあります。

日本に良いところはあげたらたくさんありますが今回はあえてダメなところや日本文化の不思議な点について留学生2人にインタビューして、日本で感じた違和感や居心地が悪いと感じたことを答えてもらいました。

 

彼らは日本に来てどのような違和感や不思議を感じるのか検証してみました

予想通りといった回答もあるのでぜひ一読してください!

 

 

 

ガン見される

これはアメリア出身の女性Rさん(以下Rさん)が回答してくれました。

日本で道を歩いているとすごいみられることが不快・違和感であるといっていました。

 

京都とか東京とか外国人観光客が多い地域では見慣れているかもしれませんが、田舎に行くとALTくらいとしか外国の人と会う機会ってないですよね。

いくらボーダーレスな社会になったとはいえども、田舎や外国人観光客が少ない地域では珍しく感じて、彼らをじっとみてしまう人が多いみたいです。

それを彼女は非常にUncomfortableだと言っていました。

 

そりゃあそうですよね、見た目はまるで違えど同じ人間じゃんって。

でも日本は島国だから人種が入り混じっているかといえばそうじゃない、だからってのもありますけどこれ課題ですね。

 

日本語がわからないと思われてる

Rさんが実際に体験したらしいのですが、彼女は日本語が話せるし理解ができます。

しかし近くにいた日本人は彼女が日本語を理解できないと思いRさんの話をしていたらしいです。

 

この状況では彼女はどう反応したら良いのかわからずに困ったと言っていました。

それってすごい不快ですよね。どうせわかんないだろうって思われた時点で見下されてるし、その上自分の話をしているなんてっっ、、、

 

思っていることを言わない

これは私も思いますがRさんもやはり感じたみたいです。

日本って全体主義といいますか、調和を重んじて反対意見とか思ってる意見いいませんもんね。

 

だからアメリカから来ているRさんはなおさらその違いを感じ、反対意見があっても相手を傷つけないようにすごい丁寧に反論している状況に遭遇した時に違和感を感じたみたいです。

 

確かにみんながみんな自我をむき出しにして思ったことなんでも言ったら秩序みだれますし何を言っても言い訳ではないと思いますよもちろん。悪口とか。

でも意見をいうことは大切ですよねと思います。相手の顔色を伺いながらじゃなくね。(私ももっと言えるようになります、私の課題)

 

 

曖昧すぎる

これは中国人留学生(男性)Lさんが回答してくれました。

この回答は上記したことに通ずると思うのですが、

意気投合した日本人女性がいたけど、本当に都合が悪いのか、Lさんと出かけたくないのかわからない曖昧な返事で断られたから次また誘っていいのかどうかがわからなくなってしまったと言っていました。

このぼんやりした返事するのって日本人得意ですよね、(笑)
これが外国の方からしたら判断しにくくてはっきりしてよって思うみたいです。

 

でも日本の文化からしたら相手を尊重しての方法となっているわけです。

 

でもさ逆にいえば外国の方からしたらそれは尊重じゃなくなってるような気もする。

はっきりしないその返事に悩まされて悩むという時間を与えてしまっている時点で相手の時間を無駄にさせているっていう意味では相手を存分には尊重しているとはいえないですね。

ってここまで言ったら深く考えすぎだとは思いますけど、文化の違いは難しいですよねやっぱり。

 

まとめ

今回は文化の違いや国民性から生まれる不快感や違和感について留学生お実体験を元に記事にして見ました。

こう考えるとね、互いの文化を尊重することが大事とはいうけども実際それを実践するのは非常に難しいです。

「郷に入っては郷に従え」ということわざなんかがありますけど、果たして日本の文化が本当にいいものなのか疑うところがありますし、でも一方でその国に来たからにはぜひ慣れて欲しいとも思うし、、、

 

文化の違いから生まれる課題を解決するのはやっぱり難しい!

 

ととりあえずまとめておきます。

 

それでは花粉症の人はお大事に

KANA