海外旅行に行くなら知っておきたい5つのこと

Travel

こんにちは、KANAです。

私は幸運にも、小さい頃からちょくちょく海外に連れて行ってもらっています。

これまで、韓国3回・オーストラリア・アメリカ2回・ベトナム・フランス・ドイツに行ったことがあります。

これを多いととるか少ないととるかは人によりますが、今回は私の体験談を元に良いことも悪いことも含めた、海外に行くなら知っておくべきことを5個紹介します。

1. 時刻表を信じてはダメ

経験:オーストラリア

これは鉄板ネタかもしれませんが事実なので。

これは実際に体験したことで、私がホームステイで2週間だけオーストラリアに行った時、実際の学校に通っていたんですが、通学がバスだったんです。

外国で一人でバスってめちゃくちゃ緊張しました。しかも乗り換えないといけない。なので、1本目のバスが遅れたら自動的に2本目に乗り遅れるっていう。

そして1本目のバスを待っていたんですが、バスが来る予定を15分過ぎても来ない!

ヤバイヤバイって焦りますけどとりあえず待ってたらきました。そして乗り換え場所に着いたのですが案の定乗り遅れ。

あの時は焦りましたが15分遅れって、、、って唖然としてました。笑

時間通りにこないで有名な京都市バスでも最大5分くらいの遅れですが、15分はすごいって思いました。

2. めちゃくちゃ自由

経験:オーストラリア、アメリカ

これもまた上の話につながっているのですが、バスに乗り遅れて焦った私は次にどれに乗れば良いのかわからなかったので次に来たバスの運転手さんに「このバスは●●高校に行きますか?」と聞きました。

まぁ予想通り「行かないよ」と言われそのバスは去って行きました。ちなみにその時の乗車客は0。こうなったら一通り来るバスに聞こうて思いながら途方に暮れて待っていると

なんと!

さっき去って行ったバスが戻って来て、「目的地まで乗せて行ってあげるよ」って運転手さんが言ってくれたのです。

その時乗車客が0とは言えども今考えたらすごいですよね。そのバスの経由地に入っていない場所までバスで送ってくれるって。笑

その時は感謝と感動で「オーストラリアはなん良いところなんだ!」って思いましたが今考えたらなんて自由なのって思いますよね!笑

いやでもこれほんとすごい話やなって思います。

3. すごいフレンドリー

経験:オーストラリア、アメリカ、ベトナム

これは国によりけりなんですが、欧米と親日国に当てはまることかな、と。

目が合ったらはにかんでくれる人が多いと感じました。特にアメリカ・オーストラリア・ベトナムに行った時。(フランスとドイツに関しては小学生の時に行ったので記憶がありません。)

オーストラリアでは2週間通っていた高校で、すれ違う人で全く知らない人でも目が合ったら笑ってくれたり挨拶してくれたり、その時は日本とちがすぎてびっくりしました。

また、ベトナムに行った時にも感じました。ベトナムは親日国で有名ですが、ベトナム人すごく優しい!これはフレンドリーに分類されることかわからないのですが、どこへ行ってもニコニコしていて、本当に心が温まるとはこのことだと思うほど良いところでした。

日本ではありえなくて嬉しいって思って変な人について行ってはいけませんよ!

4. 道の横断には注意

経験:ベトナム

これはベトナムで経験したことなんですが、交通ルールがめちゃくちゃ!

ベトナムは圧倒的にバイクの量が多いんですが、①スピードめちゃくちゃ②基本的に止まらない、などと非常に危険です。道を横断しようとしても道は譲ってくれないので、初めはいつまでたっても渡れませんでした。怖すぎる!

さらにはバイクに2人以上乗りが当たり前、4人乗りなんていうのも日常でしたし、ヘルメットはつけないし、速度は速いし、クラクションめちゃくちゃ鳴らすし初めはストレスでしかありませんでした。笑

この辺は覚悟して行ったほうが良いです。ストレスになるので。ベトナムには2週間滞在しましたが、後半は慣れました。

5. 犯罪に注意

経験:フランス

特にスリには注意です。日本では財布をどこかに忘れてしまっても自分の元に戻ってくるし、外出先のお店で席を取るためにカバンを席に置いたまま注文に行くことも普通ですよね。

でもこの日本での普通を海外でしてしまったらアウトです。

特にお金に関する注意は欠かしてはいけません。

これはフランスに行った時の話です。家族でフランスに行ったのですが、あれはベルサイユ宮殿に行った後の帰り道。人通りも多く、人の目はあちらこちらにあったのですが、私の父の財布がすられてしまいました… 

リュックだったのですが、ちょっと油断していたら知らない間に財布がなくなっていたっていう。

運よく父は財布の中身(カードや現金)は全て抜いて違うポケットに入れていたため、なくなったのは財布、それのみだったのでまだよかったです。

でも本当にそこら中にスリの危険性があるんだって思ったら怖くなりましたねぇ。

まとめ

今回は私の体験談を元に、良いことも悪いことも含めた5つの知っておくべきことを紹介しました。

日本ほど安全な国はないと思って行ったほうが良いと思います。もちろんそのことばかり気にしていたら楽しめないじゃないって思っちゃいますが、それくらい気をつけてくださいねってことです。

でももちろん海外には良いところもたくさんあります!日本じゃ体験できない、非日常を体験することができますよね。

これから海外に行かれる方は、十分注意して存分に楽しんできてください!

 

それでは

KANA