早起きすることのメリット3つ

Life

こんにちは、Kana( @kpagtscrrr )です。

 

 

私は、夜寝るのが遅くなっても何の予定もない日であっても朝6時には起きるようにしています。遅くても7時。

けど私、もともと中学生の時はほんとに朝早く起きることが苦手で苦手で。早起きになったのは高校生になってからのこと。特に高校2年生の後半から。

高校2年生の後半から受験勉強に本腰を入れ始めてからのことです。

夜は12時に就寝、朝は毎日5時に起きて勉強していました。それから朝起きることが習慣化されて毎日早く起きるようになりましたね。受験生の時は寝てる時間が勿体無いって思ってました。笑

 

もちろん睡眠は大事です。時には睡眠時間が足りなくて効率悪くなることもありますが、今回は早起きのメリット2ついて書いていこうと思います。

 

 朝活できる

 

早起きすることで朝に時間ができます。この時間内でやれることってたくさんありますよね。

例えば「いつも抜かしがちな朝食をとる」とか、「ヨガをやってみる」とか、「朝読書をしてみる」とか。

 

今まで忙しくてできないと思っていたことができるようになります。

しかも明後日頭が冴えておりなおかつ休息してエナジーチャージされた状態なので、行動がキビキビし、作業効率が上がります。

これは私が実際に体感したことです。

 

受験の時、夜眠くて眠くて仕方ない中で数学や国語の問題をといてもただの睡魔との戦いでなにも進みませんでした。そこで朝とくようにしてみたところ、早く解けるようになったりしました。効果あり。

私は最近、朝早く起きたら近くのパン屋行って朝食を買ったり、散歩したり、学校の課題をしたりしています。

 

時間がたっぷりあるように感じますね。

体の調子が良くなる

これは本当に実感しています。早起きが習慣化するまでは遅くに起きてぼーっとしてご飯食べてぼーっとして1日あっという間に過ぎてなんか聞くからに不健康な生活をしていました。

 

でも早起きをすると、朝ごはんをちゃんと食べるようになるから腸も活発になるし行動自体もキビキビしてよく動くようになりました。

 

また、これは早起きと因果関係があるのかは不明ですが、高校3年生になってから一回も風邪を引いていません。でも早起きのおかげだと思っています。(笑)

夜しっかり眠れる

朝早く起きると、夜早く眠れます。

 

一回生活リズムが崩れたことがあって、その時は毎日2・3時に寝て朝10時とかに起きるみたいな生活が1週間ほど続いたことがあります。

 

最悪でしたね。目覚ましには気づかないわ学校には遅刻するわ。。

夜寝ようとしても全然眠れないんです。朝遅くまで寝てるから。

早起きすると自然と眠気がやってきます。だから夜ぐっすり眠れます。幸せ。

終わりに

 

上記3つが私が考える早起きのメリットです。

 

早起きは本当にオススメです。

でも慣れるまでは難しいのかなと思います。一つコツとしては、夜遅くには何も食べないこと。

夜寝る前とか遅くに時間にご飯とか何か食べてしまうと朝起きるのがしんどいです。これは私自身実感していることなので一度試してみてください。

確実にいいことがある早起き、実践してみてください。

それでは。

Kana