夜行バスって安いけどどうなの?

Travel

こんにちは、KANAです。

先日私は東京に行ってきました。東京から関西、東京から地方など、どこへ行くにしても交通費ってバカかかりますよね。

私は京都在住なので、東京まで新幹線で行ったら優にに1万円超え。学生にとって1万円は痛すぎる。

そんな時に夜行バスって格安で魅力的ですよね。私もこの間、人生で2回目の夜行バスに乗りました。

そこで今回は夜行バスっていいの?どうなの?って気になるであろうことを紹介します。

私の意見

まぁ先に結論を言うと、夜行バスはあまりオススメしません。

私がそう言う最大の要因は、翌日に影響しすぎるから

詳しいことは後ろの方に書いてあります。

いいところもあるよね?

もちろん。夜行バスの最大の魅力はやっぱり安さじゃないですか?

京都・東京間だったら平日一番安くて1,500円とか。

どうしても週末や夏休みなどの行楽期になると高くなってしまうんですが、それでも5,000円あればいけちゃいます。

また、早い段階で予約したら早割などの割引も効きます。

新幹線で行った場合、前日に出たら宿代もかかるところ、夜行バスだったら交通費、宿泊費込みでその値段。

安いですよね。

そう、安いんですが、それ以外の魅力がパッと出てきません。

翌日に影響しすぎるとは?

もうここからデメリットの話になってしまうんですが、夜行バスって全然眠れないんですよ。

夜行バスに慣れたプロはどうだか知らないですが、あまり乗らない人にとっては夜行バスでぐっすり寝るのは至難の技。

ウトウトして少し寝れた!と思ったら体が痛くて起きてしまったり。

寝方がとにかく定まらないし、サービスエリアつくごとに車内アナウンスが流れて起きてしまったり、この間いたのは隣同士で喋っていてうるさくて眠れないとか。

とにかく良い睡眠は取れません。なので翌日、ひたすら眠い!

もし翌日に大事な何かを控えているのであれば、夜行バスは避けたほうがよさそう。

まとめ

夜行バスは、安さが何と言っても魅力で、非常に惹かれますよね。

私は夜行バスは極力使いたくないですが、日程によって使い分けるのはありですね。

翌日友達に会うだけとかなら夜行バスでも全然ありだけど、面接だとか試験だとかになってくると夜行バスはオススメできませんね。

使い分けしましょう。

それではKANA