【ヘルシンキグルメ】Ravintola Lappiでフィンランド 伝統料理を味わう

Finland

こんにちは、Kanaです。

フィンランド料理と言ったら何を思い浮かべるでしょう。

サーモン料理、トナカイの肉料理、ライ麦パン、などフィンランドと言えば、という料理が多々あります。

この記事では、そんなフィンランドの郷土料理をいただけるヘルシンキのレストラン【Ravintola Lappi】を紹介します。

Ravintola Lappiとは

ヘルシンキ中央駅の近くに位置するこのレストランでは、

フィンランドの特にラップランドと言われる地方の郷土料理が、

木造建築の暖かい店内の中で味わうことができます。

店員さんたちは非常にフレンドリー、

そしてフィンランドの伝統衣装を着て迎えてくれます。

また、このレストランには日本語のメニューも用意されています。

料理紹介

前菜の盛り合わせ2人前

前菜として注文したのはトナカイ肉やサーモンなどの盛り合わせ。

4人で2人前にしましたが、食べ切れないくらいたくさん盛り合わされていました。

特に手前のサーモンタルタルが非常においしかったです!

 

トナカイ肉の煮込み

私が注文した料理がこちらのトナカイ肉の煮込み with マッシュポテト。

全く臭みもなくすごく食べやすい。牛肉みたいな感じ。

マッシュポテトも程よい塩梅で味付けがされており、非常においしかったです。

 

トナカイ肉のフィレ

一口もらいましたが、臭みも筋もなく、歯応えもしっかりしていて非常においしかったです。

 

スモークサーモン

ポテトときのこのソースがついています。

 

本日の魚グリル

私たちが行った日は、サーモンのグリルでした。

 

レストラン情報

営業時間

月〜土曜日:16:00~ 22:30

日曜日:定休日

補足
予約は必須◎
私たちが行った火曜日の18時頃はまだお客さんはあまりいませんでしたが、18時半以降どんどん混み始め、19時頃には店内ほぼ満席になっていました。

アクセス

今回紹介したRavintola Lappiは、ヘルシンキ 中央駅から徒歩10分程のところに位置しています。

 

是非、ヘルシンキに訪れる際には行ってみてください!

 

それでは

KANA